So-net無料ブログ作成

組織というものの怖さ=映画ハンナ・アーレント [映画]

2013年12月30日

シアターキノでハンナ・アーレントを鑑賞した。

この映画は逃亡していたナチスの戦犯アイヒマンの裁判を傍聴したドイツ系ユダヤ人の哲学者ハンナ・アーレントを描いた作品。ナチズムを人類「最大の悪」とする戦後世界にあって、彼女はこのアイヒマンの証言を聞き「それは凡庸の悪にすぎない」と主張、批判にさらされる。

アイヒマンはユダヤ人を収容所へ移送する際の責任者だった。裁判で彼は「命令だからやった」「私は手を下していない」「義務感と良心を行ったり来たりした」「上に逆らっても何も変わらない」というような全く罪の意識を感じさせない証言に終始する。

これを聞いたアーレントは彼はどこにでもいる普通の悪だと考えるようになる。ナチズムを赦しているように受け止められたが、アーレントは「この凡庸の悪こそ根源的な悪なのだ」とやや哲学めいた自説を展開する。実はここにアーレントが考えるファシズムの真実があるということが次第に理解されるようになる。

彼女は「人間としての思考を停止させるのがファシズム」と再三強調する。そして人は信念が大事で、何事もよくよく考え抜かなければらないと力説する。

この映画は「組織というものの危うさ」を考えさせる映画でもある。今日もさまざまなところで「組織」の無責任さが露呈している。そうならないためにどうすればいいのか。気づいた時にはすでに手遅れということにもなりかねない。

アイヒマンの公判が実録で挿入され、法定での表情がリアルに映し出される。哲学を描いただけあって難解な映画だがお薦めである。
もう一度観なければならない。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。